理事長所信 of HimiJC

理事長新年挨拶

皆様あけましておめでとうございます。本年度、社団法人氷見青年会議所第40代理事長を務めさせて頂きます、久保俊介と申します。若輩者ではございますが、持前の元気さと勢いで務め上げたいと存じますので、何卒ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
さて、我々社団法人氷見青年会議所は明るい豊かな社会の実現を目指し、日々まちづくりや自己修練に勤しんでおりますが、本年度は創立40周年という節目の年を迎えます。これはひとえに地域における社団法人氷見青年会議所の信頼を代々脈々と築き上げてこられた先輩諸兄と、その勇姿を暖かく見守り、支えてくださった、氷見市を代表とする各行政機関、各界団体、並びに各種報道機関の皆様方のお陰であります。この場をお借り致しまして感謝申し上げます。有難うございます。
 本年度は、この40周年の記念式典と記念事業を始めと致しまして中身の濃い事業を展開して参ります。皆様に親しまれておりますひみまつりも期同じくして開催第40回目を迎えます。我々と共に歩んできましたこのひみまつり節目の年に、これまでの感謝を込めまして全面的に協力して参ります。市政60周年も絡めたビッグなイベントも考えておりますので、どうかご期待ください。その他、公益法人制度改革に伴う定款の改定、地域の皆様に信頼、必要とされる青年会議所である為の、メンバーの資質や魅力の向上、及び存在価値のPR、そして、創立以来2人目の輩出となります富山ブロック協議会の会長輩出等、まだまだ盛りだくさんですが、それら全体を通して、人が惹き込まれ、地域が、人が、賑わう「いきいき氷見」という理想的な未来を描いていきたいと考えております。いきいきとは、活気が溢れて勢いのあるさまを意味します。私は活気の有るところに人は集まり、勢いに人は惹き込まれると考えます。我々の興す活気と勢いの創出によって故郷氷見をより明るい豊かなまちにするべく邁進いたします。
幾度となく困難が待ち受けているとは思いますが、これを乗り越えることでメンバー全員が昇華できるチャンスと捉え、私が先頭となって全ての事業を全員でやり遂げるのだという気持ちを込めまして、スローガンを「いくぞ!!!」と掲げました。あまり青年会議所のスローガンらしからないと思われる方もおられると思いますが、とにかく全員で手を携え前のめりになって結束力と勢いを持って果敢に挑もうという表現です。
1年間この「いくぞ!!!」の気持ちで、我々持前の確固たる結束力と勢いをもって進んで参ります。何卒皆様のご理解、ご協力を賜ります事をご祈念申し上げまして新年のご挨拶とさせて頂きます。

社団法人氷見青年会議所
2012年度 理事長所信

【スローガン】

いくぞ!!!
いきいき氷見に邁進!

 私は、常日頃から拳拳服膺している自分を奮い立たせる信念がある。

一、誠意は人の道なり、すべての志事に真心を。
一、創意は進歩なり、常に工夫と改善を。
一、和は力なり、共に信じて結束を。
一、礼儀は美なり、互いに感謝と尊敬を。
一、勇気は生き甲斐の源なり、進んで取組め困難に。

 これは、我社の社訓でもある「誠意と創意」の五箇条である。私は、社団法人氷見青年会議所という志高き先達が積み重ねてこられた歴史と信頼を受継ぐものとして、この揺ぎ無い信念を胸に、次代に向けた「いきいき氷見」の創造に邁進する所存である。自分を信じられない者は誰を信じる事が出来るだろうか。自分を信じられない者は誰が信じてくれるだろうか。私はこの信念に基づき、精一杯、己を律して、精一杯、己を信じて、先頭に立って果敢に皆の気持ちを引っ張って行こうという思いから「いくぞ!!!」という言魂で表現した。

【はじめに】
青年会議所は、戦後の荒廃したまちを目の前にして、「新日本の再建は我々青年の仕事である。」との使命感から1949年「明るい豊かな社会の実現」を理想とし、責任感と情熱を持った青年有志によって設立され、青年会議所運動が始まった。共に向上し合い、社会に貢献しようという基本理念を礎に各地に次々と青年会議所が誕生し、奉仕・修練・友情の三信条の基、よりよい社会づくりをめざしてボランティアや行政改革、それぞれの地域で特色を活かした市民意識改革運動等の社会的課題に積極的に取り組んでいるものである。
私はこの三信条の基、故郷氷見を想い、日々よりよいまちづくりに奮闘している社団法人氷見青年会議所が大好きである。入会してこの方、県内どこの青年会議所へ行っても、富山ブロック協議会へ出向しても「やっぱり氷見やね」と言われている。これは、我々の確固たる結束力と全体を巻き込む勢いを皆が羨んでいる事からの称賛を込めた念である。ここ氷見に生まれ、この素晴らしい環境で学び育ったからこそ湧き上がる故郷氷見を愛する心。そこから育まれた氷見人としての誇りが宿る精神、氷見魂で、先輩諸兄が氷見ここに在りと県内各地にはんさな気持ちで魅せてきたからに違いない。私はこの「やっぱり氷見やね」と言われることが嬉しく誇りに感じている。
近年、日本の経済状況は良いとはいえない状況である。仕事、家庭、そして青年会議所活動を両立していくことは簡単なことではない。しかしながら、困難から目を背けてしまっては未来永劫何の進歩も有り得ない。志高き氷見魂を持った我々は先輩諸兄の跡を受継ぎ、今まで以上の確固たる結束力と、全体を巻き込む勢いを魅せるべく共に手を携え、足並みを揃えて行こうではないか。そして全員で困難を乗り越えることで、我々は現在より一段上の状態から物事を捉え、考える事が出来るJAYCEEとなる昇華を目指そう。
本年度は、社団法人氷見青年会議所設立以来2人目となる公益社団法人日本青年会議所北陸信越地区富山ブロック協議会の会長を輩出する。我々は小さな青年会議所であるかもしれない。タイトな年になることは必然であろう。しかし、この巡り合わせをチャンスと捉え、先輩諸兄より受継いだ結束力と勢いの氷見魂を今こそ魅せよう。
「やっぱり氷見やね」と言われる為に。「いくぞ!!!」

【節目にあたり】
 社団法人氷見青年会議所は1972年10月28日に故郷氷見を愛する先輩諸兄により設立され、数々の輝かしい功績を歴史に刻み現在に至っている。2012年度、社団法人氷見青年会議所は創立40周年という節目の年を迎える。これはひとえに故郷氷見の発展の為、誇り高き志で溢れんばかりの情熱を注ぎ、地域における社団法人氷見青年会議所の信頼を代々脈々と築き上げてこられた先輩諸兄と、その勇姿を暖かく見守り、支えてくださった、氷見市を代表とする各行政機関、各界団体、並びに各種報道機関の皆様方のお陰である。今、ここに集う我々は、39年間という長き歳月を積み重ねてきた先輩諸兄に感謝し、これからも地域に信頼され続ける組織として、より一層の努力を重ねていかなければならない。40年、人間に例えるなら社会人として仕事や何事にも一番充実していく年に差し掛かる時であり、力が漲る時期である。この年に我々がすべき事は、代々の伝統を継承していくのは勿論の事、混迷している現在において過去の成功例や既存の概念に捉われることなく、常に新しい工夫と改善をもって進歩する前向きな姿勢で、未来のまちの為、次世代を担う子ども達の為、そして10年後、20年後、その先の社団法人氷見青年会議所を背負っていく後輩たちの為に、人が惹き込まれ、地域が、人が、賑わう「いきいき氷見」という理想的な未来を描いていく必要がある。いきいきとは、活気が溢れて勢いのあるさまを意味する。私は活気の有るところに人は集まり、勢いに人は惹き込まれると考える。我々の興す活気と勢いの創出によって故郷氷見をより明るい豊かなまちにしよう。創立40周年を新たなスタートと捉え、青年らしく失敗を恐れず果敢に困難に挑戦し、行動することが我々の使命である。
社団法人氷見青年会議所の次代に向けて「いくぞ!!!」

【共に歩むひみまつり】
我々と共に歩んできたひみまつりも期同じくして第40回を迎える。1972年、現代社会の慌しい生活の中で失われがちな、故郷への慈しみと、6万市民の連帯感をとり戻そうという願いから 「6万人心のふれあい」 を基本テーマにひみまつりが始まった。以来39年間を通して我々の三信条や氷見魂を培わせて頂いたまつりである。この節目に、より深い故郷への慈しみと、市民の連帯感(和)が湧くひみまつりが開催されるように、これまでの感謝を込めて全面的に協力をさせて頂く所存である。地域の皆様に、故郷を愛する心が結集すればこんなにもすばらしいひみまつりが出来る事を感じてもらえれば、一人でも二人でも自ら開催者側に参加する人が増え、ゆくゆくは開催者側の参加数が大幅に定員を超えるぐらいに盛り上がる、即ちまつりとは、開催者側が盛り上がれば必然的に参加者および観覧者が盛り上がるものになると考える。そんなまつりを地域の皆様自らに体感して頂く事で、より一層故郷への愛着と誇りを育む心が醸成され、今まで以上に郷土愛に湧く氷見を代表するまつりへと昇華すると確信している。我々がひみまつりを昇華推進する事で、これからもひみまつりを通して、地域の皆様に向けての奉仕、裏方に徹する我々の修練、共に苦労を重ねた末に生じる友情を育むことが出来、社団法人氷見青年会議所の結束力が、そして氷見魂が昇華され、我々が掲げる「明るい豊かな社会の実現」への原動力となるのだ。
地域の人々が誇れる素晴らしいひみまつりに向けて「いくぞ!!!」

【生きる力を育む】
 教育基本法が2006年に改正され、教育の目的に「伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の発展に寄与する態度を養うこと。」(教育基本法第2条5項)等が追加された。それを受けて、2012年から「生きる力」を育む理念のもと、小学校、中学校、高等学校で新学習指導要領が順次全面実施される。これは、変化の激しい時代を生き抜くために、確かな学力、豊かな人間性、健やかな体を育むことを目指す内容となっている。我々が脈々と積み上げてきた青少年育成事業のノウハウを活かして、故郷を誇れる歴史観と氷見魂を醸成する運動を展開すると共に、わが故郷の次代を切り拓く、リーダーとなりうる人材育成の機会を積極的に創出すべきである。
次代を担うリーダー育成に向けて「いくぞ!!!」

【会員育成・拡大】
 全国的に年々と青年会議所会員が減少傾向にあり問題視されている。我々社団法人氷見青年会議所も会員減少の一途を辿っている。日本の青年人口の減少と同時に氷見市の青年人口の減少が要因の一つと考えられる。しかし、人口減少だけがこの事態を招いているのであろうか。私はそれだけが要因ではないと考える。歴代の会員拡大系の委員長は、その時々で常に最大限の努力をされてきたに違いないが、青年会議所しかない時代から、青年会議所も選択肢の一つとなった昨今、今一度、組織全体の問題であるという事に危機感を持たなければならない。青年会議所には青年会議所の哲学があり、青年の学び舎として真摯に学ぶことで得た知識、経験を知恵に変えて、想像力を鍛えることで目的と手段を理解でき、どんな場面でも正しい判断と力強い行動を発揮することが出来る。すなわち主導力を培える場である魅力の発信や、きめ細やかな情報収集とスピードある行動が必要である。また、会員の資質の問題も一つの要因ではないだろうか。先輩諸兄のような豪傑で惹きつける魅力が失われつつあるのではないか。時代が違うと思うかもしれない、確かに時代背景の違いは否定出来ない、しかしながら現代の我々にも人を惹きつける魅力が必要だ。我々が地域において魅力ある模範となる為には、JAYCEEとして自身の存在意義を明確に確立し、己を律し合う事で、ただの仲良しクラブでなく、共に苦労と議論を重ねた末に生じる、感謝と尊敬によって、互いを信じ確固たる結束を育む事で、我々の魅力が昇華出来るのである。その魅力を背中で魅せ、氷見に息づく青年であったなら氷見青年会議所の門を叩かんとせずは青年であらずというほどに、青年たちが魅せられ、自ら門を叩き、そして自らが魅せるJAYCEEとなる。それが志同じくするもの達で満ち溢れる事に繋がり、真の拡大になるのだ。試練は己を磨く。
魅せるJAYCEEであるために「いくぞ!!!」

【次代組織に向けて】
 2013年度には全ての法人が、公益法人制度改革に伴い「公益社団法人」か「一般社団法人」への選択を余儀なくされている。社団法人氷見青年会議所は昨年の第57回通常総会において、一般社団法人を選択し、舵が切られた。公益か、一般かは賛否両論があり、メリット、デメリットは、どちらも兼ね備えている。ここに至るまでに過去の担当委員会が先頭となって何度も勉強会を開き、会員の総意をもって成し得た結果である。しかし、どちらを選択しようとも我々の根幹の部分が変わるわけではない。我々の40年という歴史と伝統がここで失われることはまったくないのだ。時代の流れに流されない心意気は勿論必要であるが、変化に対応できる能力が次代に向けて必要不可欠なのである。次年度以降がスムーズに新たなる飛躍に向けて邁進出来るように、責任を持って役割を果たす必要がある。
変化に対応できるスピードある組織に向けて「いくぞ!!!」

【周知に向けて】
我々の行っている事業に微塵も恥じる事業など一つも無い。しかし、地域の皆様に対して少なからず周知が不足しているのではないだろうか。我々の事業をもっと知ってもらおう。皆が真剣に地域のことを思い、立ち上げた事業である、胸を張って知ってもらおう。そう、胸を張り我々がどのような思いでその事業を立ち上げ実行しているか、どんな困難にも正面から立ち向かい成し遂げたか、委員会から理事会までどのような会議でどんな議論を交わした結果が、事業に繋がっているのかを知ってもらおうではないか。全てを観てもらい、心に届く、記憶に残る事業展開を周知出来れば、地域に無くてはならない組織としてさらなる高き評価を得られるに違いない。
真に地域に必要な組織の認知に向けて「いくぞ!!!」

【終わりに】
我々は今を生きる責任世代として傍観者ではいけない。一人が微力でも決して無力ではないのだ。 我々の運動が本気で時代を動かすのだという気概のもと、一人一人が英知と勇気と情熱を持って「紡ぐ」役割の行動を起こそうではないか。例えば、グラスファイバーのように縦糸と横糸をもう一本斜め糸で紡ぐ事で、よりしなやかで強靭な繊維となる。行政と市民を紡ぐ縦糸、市民同士を紡ぐ横糸、そして我々一人一人が斜め糸となって互いを強く紡ぎ、しなやかで魅力ある故郷氷見の益々発展の一翼を担うべく誠意と創意をもって挑もう。         
私には歴代理事長の親父がいる。彼の時代はまさに高度経済成長期、それこそは仕事に、青年会議所活動に邁進していた事だろう。しかしながら寂しさや不安などは一切考えられないくらいに暖かいものであったと憶えている。そこには、自信に満ち溢れる背中があった。凛然とした中にも愛情がひしひしと伝わってきた。次代を担う我々も今こそ己を律し、己を信じ、自信に満ちて、更に社団法人氷見青年会議所の価値を高め、真に地域に必要とされる青年会議所として飛躍出来る一年となるよう邁進しようではないか。
親父みたいな男に、母みたいな女性になりたいと、最愛なる子どもからそんな言葉を貰えるように。さあ!みんな!「いくぞ!!!」


基本方針
1.確固たる結束力と全体を巻き込む勢いの創出
2.40周年記念式典・記念事業に関する企画運営
3.まちの活力創出に向けての支援
4.「生きる力」を育む機会の創出
5.現在と将来を見据えた仲間づくり
6.次代に向けた組織づくり
7.地域に理解される広報活動